《ヘミオラ・スリップ》が名古屋で再演

演奏|Performance

Hemiola Slip for Toy Piano will be performed again, at the concert “The Forest of Toy Pianos” of “Mid Japan Sound Complex Art Festival”, on 22nd February 2020 at Aichi University of the Arts (Nagakute).

数日後のイベントになりますが、トイピアノのための《ヘミオラ・スリップ》が名古屋で再演されます。

中村和枝さんの委嘱によって初演も名古屋で行われましたが、その後東京葉山東京と再演されてきました。今回は愛知芸大・名古屋音大・名古屋芸大の三大学を会場として行われるイベント「ミッドジャパン・音の芸術祭」の中のひとつ「トイピアノの森」という公演で、愛知芸大の学生さんである金原あかりさんによって演奏されます。この公演はタイトル通りトイピアノばかりの演奏会で、作曲家の成本理香さんによる企画。楽器も彼女が持っているものでどうも11台ぐらい登場するらしい⋯⋯最近トイピアノが流行っているのか、中村和枝さんのclaviarea企画でも5〜6台使用し「多いなあ」と思いましたが、今回は約倍数ですね。成本さんの10台使う曲では一体どんな壮絶な音がするのか、それも含めてなかなか聴きごたえのあるコンサートだと思います。

コンサートの詳しい内容はこちら。