《スカボロー・フェア》が再演されます

演奏|Performance

Scaborough Fair will be performed at Small Hall, Suginami Koukaido (Tokyo) on March 23rd, 2018.

私にはリコンポジション、つまり「再作曲」作品が多くあります。ある既存の作品をベースに、それを「自分の方法で作曲し直す」というもので、これは編曲とは異なります。

リコンポジションの初期の作品で、サイモン&ガーファンクルの《スカボロー・フェア》を元にした作品があり、それが3月23日に杉並公会堂小ホールで再演されます。この作品はトランペット奏者の曽我部清典さんからの委嘱で書かれたもので、原曲《スカボロー・フェア》を分解し、プレレコーディングした「ちゃちなラジカセ」と一緒に演奏します。今どき「ちゃちなラジカセ」自体がカセットテープとともに絶滅危惧種一歩手前という様相なので、今後演奏されなくなっていく曲の一つかもしれません。

今回の演奏は曽我部さん本人ではなく、お弟子さんとのことです。


曽我部清典と弟子たち~今日までそして明日から~
2018年3月23日 18:30〜 杉並公会堂小ホール

【出演】曽我部清典(洗足学園音楽大学講師/トランペット)中川俊郎(ピアノ)會田瑞樹(打楽器)
洗足学園音楽大学トランペット専攻 曽我部清典 門下卒業生

【プログラム】
中川俊郎/新作委嘱初演
木下正道/新作委嘱初演
山本裕之/スカボロー・フェア
鶴見幸代/盆旗掲揚
西村朗/ヘイロウス